日間賀島伝説 -スキマ書庫-

スキマ書庫は、地域の知られざる物語にフォーカス。
地元の人に伝わる昔話や町で流れている噂など、地域に密着したディープな情報を集めました。

日間賀島あるある!

島の男は必ず消防団に入る

日間賀島では自治体の消防組織がない為、火災の際は島の消防団が消火にあたっている。 さらに、急病人やけが人の救急搬送も消防団の仕事で、南知多の港で待機している救急車まで船で送り届けることも行っている。 「自分たちの島は自分たちが守る」の精神が根付いているようだ。


▲ 日間賀島あるある!


TOPへ戻る